苦手の人の対処法や克服の仕方

よい人すぎる人も苦手?

スポンサーリンク

よい人すぎる人を苦手と感じてしまうこともありませんか?

 

愚痴などを友達どうしで話している時に、その相手を悪く言ってはいけないと諭されると、確かに正論だけど苦手だなと感じてしまいませんか?

 

友達同士という関係でも絶対に人のことを悪く言わない、ということが本音なのかどうなのかと疑ってしまうこともあります。


そして、このよい人すぎる人であることがどこかで無理をしているようにこちらが感じてしまったら、あまり相手を信用できなくなってしまいます。

 

よい人具合が白々しく、誰にでも不自然だと感じられるぐらいであれば分かりやすくてよいのですが、故意かそうではないのかそのよい人すぎる人自身にもわからないほどになっていることもあります。

スポンサーリンク

また、よい人であるはずの相手を苦手だと感じてしまう自分が、嫉妬しているのだろうか、悪人なのだろうか、と考えてしまうこともあります。

 

ある程度の距離を置いてみると、その人の真実の部分が透けてみえるかもしれません。

 

もちろんその人が本当に完璧によい人だ、と思っても自分が楽しく仲良く付き合っていけるかどうかはまったく別の問題、という部分もあります。


友人関係には、ただよい人であるかそうでないか、といったことだけでなく波長が合う、一緒にいることが楽しいといったことも重要になります。

 

よい人だからきちんと友人として付き合わなければ、と考える必要はなく一緒にいて違和感を感じるのであれば、少し離れてみてもよいのかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加