苦手の人の対処法や克服の仕方

裏表ある人にどう対応するか

スポンサーリンク

裏表がある人も苦手ですよね。

 

とはいっても人は誰しも、善人の部分と悪人の部分をもっています。

 

悪人の部分を上手に出さない人は一般的に善人だ、と受け取られます。

 

裏表がある人、と他の人にばれてしまっているのは、意外と正直なのかもしれませんね。


とはいっても自分がきちんとしていないことを怒られない、言い訳をしてごまかせると思っているということは相手を舐めてかかっている最低の人ともいうことができます。

 

相手に対する尊敬の気持ちがない人ともいえます。

 

こういう裏表がある人はこれまで失敗したこともあまりなく、お咎めをうけたこともありませんから、本当に痛い目にあったこともありません。

スポンサーリンク

証拠をはっきりと突きつけないかぎりは、この状態は治らないでしょう。

 

職場などできちんと仕事をさせたい場合は、ひとりでやらせてみるのです。

 

チーム制にしていると、もちろん他のメンバーに責任転嫁を上手にしてしまいます。

 

たったひとりでしっかりとノルマと期日を決めてやらせるのです。


そして、相手を舐めているタイプの人には一度徹底的に怒ることが大切です。

 

どうせ辞めさせられることはない、この程度のことの罰則などしれている、と高をくくっている相手をガツンと怒ることが必要なときもあります。

 

怒られた人の前だけでは、きちんとするようにはなるかもしれません。

 

しかし社会人として最低限の約束事を守れない人間が信用を得ることはありませんから、本当はその相手はうまく立ち回れてはいないのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加