苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な人との対決

スポンサーリンク

苦手な人と、対決しなければならない場面もでてくるかもしれません。

 

どうしてもやり過ごすことができない、と感じたときに苦手な人と意見を交わさなければならないときもあることでしょう。


そういったときは、どのようにすればうまくいくのでしょうか?

 

もともと苦手だと感じている相手に何かをいわれると、必要以上に感情が高ぶってしまうことがあります。

 

しかしその高ぶった感情のままで意見を返してしまっても、相手に自分の考えを理解させることは難しいでしょう。

 

そういったときはとにかく小休止をはさみます。

 

お茶を入れにいってもいいですし、用事があるからこの話はまた明日もう一度といってもいいのです。

スポンサーリンク

また苦手な人がまったくのおせっかいで無駄なことを言ってきた場合も、その意見を聞かなければ全く聞きもしないとよそで言いふらされてしまう可能性もでてきます。

 

「そう思っているのですか」ぐらいに気持ちをとどめておき、ひたすら聞いて時間を過ごせばよいでしょう。

 

相手は意見を求めていません。

 

言いたいことを言ってすっきりしたいだけなのです。


またにっちもさっちもいかない状況になってしまったときは、第三者を挟むというのも良いのです。

 

理性を取り戻すというのには、これは良い方法でしょう。

 

また相手をやり込めたい、解決させたい、とは思わずにお互いが少しでも納得できる妥協点が見つかれば、それでよしと考えておくことも意見を交わすときには大切なことです。

 

気が合う同士でも意見が完全に一致することなどないのだから、と気楽に構えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加