苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な人のタイプを把握しよう

スポンサーリンク

会社などで苦手な人への対応として、その人のタイプを理解しておくことが必要になることもあります。

 

大前提として、とにかくその苦手な人を自分が変えることができる、好きになることができるかもしれないといった望みをもたないことです。

 

もしもこういった希望をもってしまうと、それが思い通りに行かなかったときに自分が疲労困憊してしまいます。


自分が苦手な人はどういったタイプでしょうか?

 

とにかくすべてをネガティブに受け取る人は、いつのことか思い出せないほど以前の失敗をずっと引きずっていることがあります。

 

また不安を感じているわけですから、こういった人はいつでも力になりますよ、仲間ですよ、とこまめに伝えることが必要になります。

スポンサーリンク

またそのときそのときで意見を変える風見鶏のような人は、責任逃れできないよう、まず仕事を始める前の段階で担当をはっきりさせておくのです。

 

これは必ずお願いします、と役割をきちんと分担しまたそれを書面などに残したり、上司に報告したりして証拠をはっきり残しておくようにしましょう。


とにかく自分の言うことにイエスと答えろ、というタイプは実に難しいのです。

 

根はあまり悪くなく、すぐに忘れてしまう人も多いのですが返事を求められたときは本当に困ってしまいます。

 

イエスといえない内容の時は、全面否定でなく良いお話だとは思いますがじっくり検討する必要があるのではないでしょうか、などと言って時間を稼ぐようにするしかありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加