苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な上司と付き合うときに

スポンサーリンク

苦手な上司と付き合うときは、どのようにすればいいのでしょうか?

 

仕事関係である以上、まったく無視するというわけにもいきません。

 

そして苦手な上司ほど、理不尽な仕事を求められることもあり、会社に行くのが嫌になってしまうこともあります。


苦手であると感じた瞬間から、その上司から目をそむけていませんか?

 

付き合うどころか、なにか言われたことを全く受け入れられなくなっていませんか?

 

どんなに苦手な上司であっても、一度仕事ぶりなどをじっくり観察してみましょう。

スポンサーリンク

最初は、あら探しのような意地悪な気持ちでもかまいません。

 

本当に苦手で納得いかない部分が多くても、なにか尊敬できたり、合意できる部分がありませんか?

 

一度苦手だと感じるとどうしても拒絶反応を起こしてしまいますが、相手を全否定しないことも肝心です。


どうしても苦手意識を克服できない場合は、その上司との付き合うことも仕事の一部だ、と考えて突き詰めて考えないようにし、割り切っていくしかありません。

 

職場だけの付き合いなのだから、と笑顔で相手に失礼のない程度に流していくのがよいのではないでしょうか。

 

しかし割り切ったつもりになっても、やはりイライラしてしまうことや疲れてしまうこともあるでしょう。

 

そういったときは、友人などと話して気分を晴らしてもよいでしょうし、信頼できる同僚がいれば相談してもよいでしょう。

 

とにかくどこかでガス抜きをするようにしなければ、大きなストレスとなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加