苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な人をやり過ごすテクニックとは?

スポンサーリンク

苦手な人をやり過ごすテクニックを、身につけたいと考えますよね。

 

もちろんそんなテクニックが本当にあれば、悩みなどないのだからありえないことだというあきらめの気持ちも持っているかもしれません。


どのようにすればよいのか、簡単なことは苦手な人の自分の感情の中での比重を徹底的に下げていくことです。

 

苦手だからと考え始めると、嫌だと考えているのに反対にその人のことが頭の中を大きく占めていませんか?

 

例えば仕事で苦手な人の前でプレゼンなどがあるときに、その人だけでなく他の人もいるはずなのに、苦手なその人のことばかり考えてしまうということがありませんか?

スポンサーリンク

これを避けるテクニックとして、どうしてその人が苦手なのかをはっきり認識する必要があります。

 

理不尽な指示がある、意見がころころ変わってしまう、話が長い、といったことを冷静に分析しましょう。

 

うまく対処できないこともあるかもしれませんが、苦手な人と接する時に心の準備をすることはできます。

 

また、心の準備をしておくことで嫌な気持ちが大きく高まる前に気持ちを抑える、ということもできるようになるかもしれません。


なんとなく苦手と考えているままでは、対策をたてることも難しいのですが、理由をはっきりさせればこの程度のことだったのか、と考えることができるようになるかもしれません。

 

自分が苦手と感じるゾーンが高い位置になれば、たいていの人に苦手意識を持つ必要がなくなるかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加