苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な人をほめよう

スポンサーリンク

仕事においてほめ上手になれば、苦手な人を克服できるかもしれません。

 

苦手な人をほめるのは、とても難しいことかもしれません。

 

しかし相手をほめることで、悪い感情を持っていないというアピールになりますし、信頼関係を築けるようにもなります。

 

仕事を円満に進めていく、潤滑油のような役割を果たしてくれるはずです。


ただし、わざとらしくなってしまったり、お世辞のようになってしまったりすると逆効果です。

 

またせっかくほめても「どうも」と言われるぐらいしか反応がなければ、なんだかほめ損のように感じてしまいますよね。

 

しかし最初は難しさを感じていても、相手のほめる部分が見つかると苦手意識も減っていくでしょう。

 

苦手な人のことをじっと観察するのも嫌、という抵抗感もあるかもしれませんが仕事上の成果などをほめるようにすればよいでしょう。

スポンサーリンク

少し手間だと感じるかもしれませんが、その苦手な人がいないところでほめてみましょう。

 

他の人からほめていたよ、と間接的に話がまわっていくはずです。

 

これは聞いた本人はとてもうれしく感じるはずですし、本当に思ってくれている、と真実味が倍増します。


大げさな感じにしたくないときには、つぶやくようにそっとほめてみましょう。

 

その人の仕事ぶりを見たその瞬間に心から出た、という印象になります。

 

これもほめられた人は大変うれしく感じるものです。

 

とにかく無理にほめようとするのではなく、相手を見ているうちにほめるポイントがあればという気持ちであれば、それほど負担にもなりませんね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加