苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な人との会話

スポンサーリンク

苦手な人との会話、辛い時間です。

 

何を話そうかと頭の中でぐるぐると考えて、嫌な汗をかいたことはありませんか?

 

沈黙が息苦しくなってしまうような苦手な人との会話の時間は、とても長く感じてしまうものです。

 

気を使い過ぎて、会話が終わったあとドーッと疲れてしまった経験があるという人も多いのではないでしょうか?


気を全く使わない、相手がどれほど苦手でもその懐に飛び込んでいける、という人もいます。

 

苦手意識を人に対して持つことがない、というタイプの人もまれにいます。

 

気を使いすぎず、肩の力を抜くことができればベストなのですが、本当に難しいですよね。

スポンサーリンク

通常は、苦手な人と会話をしなければならなくなった微妙な空気はお互いが気付いていて、とても気詰まりになってしまうものです。

 

最近どうですか?といった抽象的な質問では会話を続けることは難しいですよね。

 

まあまあです、と答えられて終わってしまい、また沈黙が続くといった気まずい雰囲気になってしまいます。


とにかく自分のことをどんどん話すのも難しいわけですから、相手に具体的な質問をいくつか繰り返すようにするのです。

 

できれば二択や三択できるような答えがある質問を、いくつかしていくうちに広げられそうなネタを探す、という方法がよいかもしれません。

 

できれば自然体でいることが一番よい解決策なのかもしれませんが、それも難しいときは話題を振って聞き役にまわるということで時間をやり過ごすことがよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加