苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な人に好かれてしまったときには?

スポンサーリンク

自分が苦手だと感じている人から好かれてしまったときは、本当に大変です。

 

普通は自分が苦手だと感じている人は、相手も同じような考えを持っていてあまり接触や会話をしなくなっていくものです。

 

自然と距離感が広まっていき、必要以上の関わりを持たなくなることはよくあることです。


しかし、なぜだか苦手だと感じている人に仲が良いと思われたり、とても親しくなろうとされたりしてしまうことがあります。

 

はっきりそうではない、そうすることはできないと、言えればいいのですがその人との関係性によっても伝えられないときも多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

なんとなく気付いてもらえれば理想的なのですが、相手は自分のことを気に入っているわけですから、そう簡単にはいかないこともあります。

 

はっきり言わなければ、相手が自分の都合のよいように解釈してしまう場合もあります。

 

それでもきっかけなどがなければ、はっきりと迷惑に思っていることを伝えることは難しいですよね。

 

人と人との距離感というのは、本当にそれぞれ受け取り方がさまざまで、自分が親友だと思っていた相手はそうは思っていないということもあります。


関係をはっきりと切ってしまえないときには、これ以上立ち入ってもらうと困る、というラインをはっきり決めておくことです。

 

そのラインまでは、ごまかしつつやり過ごしてもよいかもしれませんが、自分だけが我慢をすることはありません。

 

どこかでこれ以上は無理であるということを、はっきり伝えなければならないときもあるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加