苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な同僚と仕事をする時

スポンサーリンク

苦手な同僚と仕事をしなければならないとき、仕事の疲れが倍増、いえもっと疲れたようにさえ感じてしまいます。

 

どうしてその同僚が苦手なのでしょう。

 

理由をしっかり考えることが大切です。


仕事をしない人、うまく理由をつけて怠ける人、最低限のマナーや常識に欠けている人などは顔を見るのさえ嫌になってしまうことがあります。

 

時々会話が成り立っていないのではないだろうか、と感じてしまうような人も少なからずいるものです。

 

違う部署で自分に直接影響がなければよいのですが、一緒に仕事しなければならない相手が苦手だとどうすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

とにかく、円満にごまかすというのは結果を出さなければならない仕事の場では不可能なことと思っておいたほうがよいでしょう。

 

ごまかすことによって、自分にもなんらかの被害が出る可能性があります。

 

まずはその苦手な同僚の仕事ぶりを冷静に見ること、発言内容、どういった仕事を完了したのか、といったことをできれば書面などで残すようにするのです。


結果的に仕事がうまくいかなかった、となる前に早めに上司に相談することも大切です。

 

最後までごまかしていて、仕事がうまくいけばよいかもしれませんが、そういった一か八かの方法を仕事の場でとることは自分の能力さえ下げてしまいます。

 

一緒に仕事をしなければならない時は、苦手な同僚の仕事ができない部分に引きずられてしまうことがないように、早い段階で対処をしておかなければなりません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加