苦手の人の対処法や克服の仕方

年代が上がると苦手な人は減る?

スポンサーリンク

苦手な人は、年代が上がっていくうちに少しは減っていく傾向にあるようです。

 

苦手と感じる人は、人によってある程度は違いがあります。

 

職場ではこのタイプでもしょうがないと割り切ることができても、親戚づきあいとなるとそうもいっていられない場合もあります。

 

コミュニケーションをとること自体も難しくなってしまうほど苦手な人というのは、少ないかもしれませんがまったく出会わないとは言い切れません。


あるアンケート結果では、30代のころは苦手な人がたくさんいると回答した人は32%にも上りますが、これが50代になると22%、60代にいたっては11%に激減します。

 

ただし、苦手な人が普通にいると答えた人は30代以下では52%となっていますが、50代、60代でも49%から50%となっており、こちらはあまり減ってはいません。

スポンサーリンク

若い頃はささいなことでも腹がたってしまう場合も多いですし、自分を相手に理解させようという意識が高いことが多いです。

 

しかし年代が上がっていくと、そうした人間関係の摩擦は少しずつ減っていく、あるいはその摩擦にも慣れていくということがいえるでしょう。


年代が上がると嫌いな人がいない、あまりいないという回答をする人も増えていきます。

 

生きていく上でそういうものか、と流せる考え方になれる人がだんだんと増えていくということでしょう。

 

人生経験によっていろいろな見方ができるようになる、ということも言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加