苦手の人の対処法や克服の仕方

見栄っ張りの人との付き合い方

スポンサーリンク

見栄っ張りの人への対応はそれほど難しくありません。

 

誰かに認めてもらいたい、自分を大きく見せたいと考えている自分に自信がない人なのです。

 

家族のこと、遠い親戚も持ち出して見栄を張らなければ話ができない、というのもよく考えてみれば自分に自信がないことの裏返しではないでしょうか。

 

ずっと自慢話が続く人にはうんざりしてしまいますが、とにかく気持ちよく話しをさせてしまいましょう。


普通人間は、それほどたくさん自慢できることがあるわけではありません。

 

ある程度の見栄を張ったあとはネタがなくなってしまうわけですから、その時間は「すごいですね」「うらやましいです」といってやり過ごしてしまいましょう。

スポンサーリンク

ただし、この人はいつも自慢をちゃんと聞いてくれる、とインプットされてしまうと常に見栄を張られ続けてしまいますから、時にはその自慢話の上をいく話もはさんでもよいかもしれません。

 

もちろん笑顔で、こちらは自慢しているという感じにはせずさらっと話すのです。

 

通常相手ははその時点で恥ずかしくなってしまって、自慢は止まります。


角を立てたくない相手であれば、そのまま流し続けてもいいかもしれません。

 

会社の上司や取引先などであれば、おだてるネタができたぐらいに考えて見栄を聞いてあげましょう。

 

こちらが大人になって、同じことを繰り返していてもこれしか自慢することがないのだろう、と考えて流してしまいましょう。

 

よく話を聞いてくれる、と好印象をもってもらえることは間違いありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加