苦手の人の対処法や克服の仕方

面接で苦手な人はいますか?と聞かれたら

スポンサーリンク

圧迫面接というわけでなくても、面接でネガティブな状態についての質問をされることはよくあります。

 

例えば「苦手な人はいますか?いる場合はどのように付き合っていますか?」といった質問をよく受けます。


この質問は、その人の性格的な部分での会社との適正を見るということが主な目的です。

 

さらにどういったことを気にするのか、また苦手な人ともうまく付き合っていけるのかどうかということも、面接官はチェックしているのです。

スポンサーリンク

苦手な人はいません、と正直に答えることができないという人もいるでしょう。

 

その場合は苦手なタイプの人がただ嫌というだけでなく、こういったタイプの人とこのようにして付き合っています、というように答えた方がよいでしょう。

 

はっきり苦手な人といった表現を使いにくい場合は、特にいませんが強いて言いうならば、といったようにやわらかく言えばよいでしょう。


またもちろん社会人となって会社のために仕事をしていくとなると、どういったタイプの人でも付き合っていかなければなりません。

 

自分の学生時代やアルバイトなどでの経験をもとに、苦手な人をどのように乗り越えたか、ということを答えるようにすればよいでしょう。

 

たとえば、「友人やアルバイト仲間の悪口を言う人が苦手です」、と答えるときに、「どういった人でも色々な面を持っていますから、自分は人の良い面を見るようにしています」と付け加えるようにするとよいでしょう。

 

そういった人への対策として「なるべく別の話題に変えるようにしています」「あるいはこういった良い面もあると話すようにしています」というとさらにポジティブなイメージになるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加