苦手の人の対処法や克服の仕方

許容範囲が広いと苦手な人が少ない?

スポンサーリンク

あの人も苦手、この人も苦手、と考えてしまうと、自分の性格に問題があるのだろうか、と考えてしまうこともあります。

 

苦手な人や嫌いな人が多いほど、自分の性格が悪いような気がしてしまいます。


子供のときはみんなと仲良くするように、友達をたくさん作るように、といったことを言われて育ちますから、苦手な人が多いと罪悪感を感じてしまうこともあるかもしれません。

 

友達が少ないことがなんとなく恥ずかしい風潮があるのではないでしょうか。

 

多くの人は無意識の部分で苦手だな、とか好きだな、と言う判断をし自分の態度を決めている部分があります。

 

それをほんの少し意識を持って苦手と感じる部分を「こういう考え方もあるのだな」と受け流していくと許容範囲が広がります。

スポンサーリンク

苦手な人が少ない、ということはその許容範囲が広く、許容力がある、ということになります。

 

またひとりの人のなかにも、この部分は尊敬できる部分だな、よいところだな、というところを見つけることができると、許容でき付き合いやすくなるものです。

 

時には、片目をつぶって人を見ることをしてもよいかもしれません。


苦手な人に対しての許容範囲を何がなんでも広くしなければいけない、苦手な人を減らさなければいけない、と考えてそれがストレスになってしまうのであれば、10人の友達より1人の親友でよい、と割り切る考え方をすることが必要になる時もあります。

 

人との付き合いにこうすればよいだろう、というものがあっても、これが大正解というものはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加