苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な人にこそ自分のペースを保つ

スポンサーリンク

苦手な人と一緒にいるときには、自分のペースを保つことを意識しましょう。

 

自分があまり疲れを感じず、なおかつその苦手な人も悪い印象を自分に対して持たないようにするには、ちょうどよい距離感とペース配分が重要になります。


自分のペースをある程度相手にあわせていくことを苦痛に感じない人は、苦手な人が少ないということになります。

 

しかし多くの人は自分のペースを乱されると、イライラしてしまうのではないでしょうか。

 

そして苦手だと多くの人が感じてしまうのが、マイペースなだけでなくほかの人にもそのペースを押し付けるようなところがある人です。

スポンサーリンク

そういう人といるときは、ペースに巻き込まれることを避けるように気をつけなければなりません。

 

自分とあわないペースの人と接する時には、ついつい巻き込まれてしまいそうになります。

 

まず自分のペースを崩さないためには、まずあいさつからきちんとすることです。

 

苦手な人にはあいさつしにくいものですが、最初にきちんとあいさつしてしまうと、自分のペースをつかむきっかけになることが多いのです。


もちろん言葉遣いなども、相手に不快感を与えないように気をつけることは大切です。

 

きちんとした言葉遣いをすることで失礼にならず、適度な距離感をもつことができます。

 

付き合い上最低限のことさえしておけば、相手に立ち入らせる隙を与えません。

 

もちろんそんな人はいませんが、苦手な人の前では自分に弱点がないように振舞うのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加