苦手の人の対処法や克服の仕方

嫌味な人と接しても落ち込まないために

スポンサーリンク

嫌味や皮肉が上手な人、いますよね。

 

こちらの心にグサッとささる嫌味な言葉を、絶妙のタイミングで投げかけてくる人は本当に苦手だと感じてしまいます。

 

嫌味を言う人は、それによって相手を落ち込ませることで自分が優位に立ち主導権を握ろうとしているのです。


嫌味な人は自分が常に優位に立つことによってしか、気持ちを安定させられない人なのです。

 

しかし裏を返せばこういう人は、劣等感の塊とみることもできるでしょう。

 

自分に持っていないものを相手が持っていることが我慢ならない、それは物品などではなく精神的なものであってもです。

スポンサーリンク

どうしようもないことに異常なコンプレックスを持っている人が、それを埋めようとして嫌味や皮肉を言ってくるのです。

 

割り切れ、といわれても何度も繰り返し嫌味を続ける人もいます。

 

嫌味な人というのは、たいていネチネチとしたしつこさも持っていることが多いのです。


嫌味な人は自分が言ったことに影響を受けている相手を見て喜びを感じているわけですから、その期待をはぐらかすしかありません。

 

のれんに腕押し状態のように、言われたことをオウム返しにするというのも効果的です。

 

「そう考えているのですね」と確認するように返答することも、相手の意表をつけるかもしれません。

 

切り返すことも時々はやらないと、相手はどんどん皮肉を増してくるかもしれません。

 

絶対に落ち込んでいるそぶりを見せてはいけません。

 

言葉には出さなくても、「嫌味しかいえないのだこの人は」と同情の気持ちを持って接してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加