苦手の人の対処法や克服の仕方

愚痴っぽい人に引きずられないために

スポンサーリンク

愚痴っぽい人はこちらもネガティブになってしまいそうで、一緒にいる時間が長く感じられます。

 

愚痴をまったく言ったことがない、という人はいないでしょうがどんなときにも愚痴っぽい人はやはり苦手だと感じる人が多いでしょう。

 

愚痴といってもただ単に相手に聞いて欲しいだけのものもあればなんらかの解決策をほしい、できれば解決して欲しいと考えているものもあります。


とにかく聞いて欲しいと思っている愚痴は、ただひたすら聞くだけです。

 

意見を言ったり、否定や肯定したりしてはいけません。

 

そしていつもがんばっているから、とほんの少しほめるだけで落ち着いてしまいます。

 

自分のしんどさ、大変さをわかって欲しいと考えているだけで、解決をのぞんでいない愚痴ならばこういった対応でかまいません。

スポンサーリンク

しかし愚痴の原因を明らかにし、それを解決したいと相手が考えているときは相手の意向を徹底的にヒアリングすることが必要になります。

 

どう考えていてこれからどうしたいのか、ということをしっかり読み取っていかなければなりません。

 

一番やってはいけないのは、一緒に愚痴を言うことです。


直接的なアドバイスをするのではなく、前向きになれるような話をすることが大切です。

 

どこかで愚痴は必ずあるものです。

 

そしてできれば言わない方がいいということも、愚痴っぽい人自信もわかっていることが多いのです。

 

それをわざわざ自分に言っているというのは信用のあらわれ、とポジティブにうけとめるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加