苦手の人の対処法や克服の仕方

苦手な人に同調しない

スポンサーリンク

苦手な人といる時に、その人の考え方や言葉に影響を受けないように考えましょう。

 

苦手な人のネガティブな考え方と同調してしまうと、お互いにとてもよくない状況になってしまいます。

 

その人が言うことを聞くことは大切なときもありますが、それ以上でもそれ以下でもない状態にしておくことが肝心です。


まず苦手な人の話を聞くときに、相手の言うことにすべて従う必要はないこと、相手の言動を変えようとは思わないこと、自分が正しいという証明は必要ないことをよく頭に入れておきましょう。

 

どうしても自分が正しいということを相手にわからせたい、と思ってしまいますが、それがもともと分かりそうにもない相手だと直感的に理解しているから苦手だと感じているのです。

スポンサーリンク

もちろん、相手が自分のことをどう思っているのかを考える必要はありません。

 

あくまで自分のことを中心に考えておけばよいのです。

 

また相手が選択することを、自分が決めようと思うことは決してしてはいけません。

 

もし思い通りにいかなければ、苛立ちなどを感じてしまうことになります。

 

相手が自分の意見に同意することはまずない、と考えておくぐらいのほうがよいのです。


これを常に頭の片隅にとどめておけば、相手の理不尽な話に腹がたつこともありませんし、意見に反論したり口論になったりということもありません。

 

あくまでもニュートラルな状態にしておくことで、相手のペースに巻き込まれてしまうことを防げます。

 

自分の意見はただ言うのみ、分かってくれる人が分かればいい、というスタンスでいるとラクになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加