苦手の人の対処法や克服の仕方

舞台のつもりで苦手な人をやり過ごす

スポンサーリンク

苦手な人と過ごす時間を、自分を俳優や女優のようにイメージして乗り切る、という人もいます。

 

苦手な人を変えることはやはり難しいですよね。

 

自分が変わることもやはり難しいです。


簡単に変えることができないけれど、そのままの状態でもできる限り自分が感じる苦痛は減らしたいですよね。

 

そういったときは、自分が演技をしている気分になって相手のことなど別になんでもないという気持ちに持っていく、という方法もあります。

 

仕事などでの苦手な人は、職場を演技の場と考えて過ごすのです。

 

全く違う自分になって、苦手な人などもともといないと思い込んで仕事をこなすのです。

スポンサーリンク

実際人間関係の付き合いで、まったく素のままの自分でいられる相手というのはほとんどいないのではないでしょうか。

 

もちろんありのままの自分を常にだすことができればラクでしょうが、とくに職場ではそれは不可能でしょう。

 

つまりは、人と接する時になにがしかの気持ちの上での違いを無意識に持っているといえるでしょう。


そういったときに、無意識ではなくあえて意識的に自分をポジティブで悩みなどなく、誰とでも同じに接することができる人として振舞うのです。

 

最初はもちろん簡単ではありません。

 

どれほど演技をしていても、ネガティブな情報が入ってくると元の自分に戻ってしまいそうにもなります。

 

しかし何度か繰り返していると、それに慣れていくことができます。

 

不自然なこと、と思わずに自分の気持ちをラクにしているのだ、と考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加